ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



さて明日は今年初のポッシボー単独ライブ。

最近は、こないだのストライクTVや数学女子学園というドラマではハロプロメンバーと共演したり、TVの露出も増えてます。

昨年の8月にはポッシボー解散か?←
なんてチラシが配られ(写真参照)、解散するんじゃないかみたいに言われてますが・・・
このまま解散されちゃ残念すぎる。

どうなるかはわからないけど、ライブCDシングルは毎月出してるし、単独ライブや他のアイドルとのVSライブなど活動は今まで以上に攻めてる感はあるし、
3月末のライブまでに動員をどれだけ増やせるかにかかってるのかなと僕は勝手に思ってます。

最近はライブがMC少なめで歌中心であったり、スタンディングでライブ感があるものになっていて楽しめるものになってるので
初めての方もおひさしぶりな方もぜひポッシボーのライブにいらしてください。

とりあえずポッシボーのCDは配るだけあるので←
欲しいCDがあったら言って下さい。
現場でお会いできる方であればお渡しします。



とりあえず今後のポッシボーライブの予定。


『THE ポッシボー単独ライブ2012~年明け1発目からやっちゃいます!~』
■日程:2012年1月15日(日)
公演① 開場/13:30 開演:14:00
公演② 開場/17:30 開演:18:00
場所:tudioCube326 (ARK/2F)
¥3,500(税込)


THE ポッシボーVSライブ第2弾!!
■日付:2012年2月4日(土)
<公演1>THE ポッシボーvsアフィリア・サーガ・イースト
<公演2>アフィリア・サーガ・イーストvsTHE ポッシボー
<公演1>開場:13:45、開演:14:30
<公演2>開場:17:45、開演:18:30
会場:新宿BLAZE
前売り3500円(税込)
オールスタンディング


THE ポッシボー単独ライブ2月
■日程:2月25日(土)
公演番号1 開場:12:30 開演:13:00
公演番号2 開場:16:30 開演:17:00
場所:StudioCube326(ARK/2F) 
¥2,500(税込)
※当日入場時にドリンク代¥600が別途必要になります。
 スタンディング(整理番号順のご入場となります)

THE ポッシボー単独ライブ3月
■日程:3月31日(土)
公演番号3 開場:13:30 開演:14:30
公演番号4 開場:17:30 開演:18:30
・場所:新宿FACE
¥2,500(税込)
※当日入場時にドリンク代¥500が別途必要になります。
 自由席(整理番号順のご入場となります)




お待ちしてます\(^o^)/

スポンサーサイト

061104MAYA_MEG

先月に引き続き、MAYAさんのライブを観にMEGに行ってきました。
MAYAさんの歌と日本酒MAYAに酔い断片的な記憶を手繰り寄せ覚え書き。

1stステージはLa La (Means I Love You) や新しく発売するアルバムから「ユー・ア・-マイ・エヴリシング」を披露。

2ndステージの1曲目のトリオのみでの演奏曲は客のリクエストに応えたデューク・エリントンの曲。
いつも各ステージのラストに必ず演奏される曲ではあるけど、「ちゃんと聞かしてほしい」というリクエストでした。
初めてフルで聴きましたがよいですね。
デューク・エリントンてあまり聴いたことないし、CDもほとんど持ってないんだけど。やっぱり有名曲が多数あるから押さえとかねば。

そして初めてMAYAさんにリクエストして歌ってもらった「砂に消えた涙」
イタリア語と日本語で歌うこの曲はライブで聴いて好きになった曲です。
前に聴いた時よりテンポが速めでノリのイイ感じになってました。

そして3rdステージのトリオでの演奏は松尾明さんのドラムソロがすごかった!!
061104MATSUOAKIRA_MEG

MAYAさんのライブを観るようになり松尾さんのドラムを間近で聴く機会が増えましたが、ホントかっこいいんだ。
オレもこんな風にドラム叩きたいって思います。叩いたことないけどw
でも松尾さん見てドラム始めようかと思ってしまうよ。
実は近所のスクールに資料請求しちゃったし(^ω^;)

ラストは新しいアルバムのタイトル曲「Kiss of Fire」
タイトルはかの評論家&MEGのオーナーでもある寺島さんが前々からこのタイトルにいう事で決まったようです。
ライブでもよく披露してくれて人気の高い曲です。

ホントはここで終了の予定でしたがアンコールに応えてくれました。
演奏したのは新しいアルバムにも入っている「デスシネーションムーン」
観てる人たちから手拍子が起こってホント最高でした。
MAYAさんの歌も松尾トリオの演奏も。
やっぱりMEGでのライブの雰囲気っていいです。
なんか観てると自然と笑顔になるっていうか。


そういえば今回のライブの題目が
“Maya Potion”PRESENTS『日本酒MAYAの夕べ』~MAYAのJAZZと酒に酔う~ということだったので、早速”MAYA”を頂きました。
普段日本酒はめったに飲みませんが飲みクチがよく、周りの方にも好評のようでした。

MAYAさんのホームページに紹介がされてます。

http://homepage1.nifty.com/jazz_maya/sake.htm

そして11/22 いよいよMAYAさんのNEWアルバム「Kiss of Fire」が発売されます。
MAYAさんは2005年度スイングジャーナル主催ジャズディスク大賞ボーカル賞(国内部門)を受賞してて、
6月には上海ジャズ・フェスティヴァルで国境を越えて観客を魅了し現地でも大変な熱狂だったようです。



1.プロローグ~男と女
2.デスティネーション・ムーン
3.キッス・オブ・ファイヤー
4.オー・ユー・クレイジー・ムーン
5.マイアミ・ビーチ・ルンバ
6.アドロ
7.アイ・フィール・ザ・アース・ムーヴ
8.ファンタジア
9.恋の女のストーリー
10.ユー・ア・-マイ・エヴリシング
11.ブルバード・オブ・ブロークン・ドリームス
12.バナネイラ
13.砂に消えた涙
14.エピローグ~男と女
全14曲

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!!!!!!
この曲ヤバ過ぎです!
HMVやTOWER RECORDSのHPのリストともらったチラシの曲順がだいぶ変わってます。
たぶんチラシのほうが正しいだろうということでチラシに載ってたものを書きました。


②⑤⑦⑨⑫⑬なんかライブでもよくやってた曲で好きな曲ばっかりだし最高のアルバムになること間違いなし。
特に、ライブではロックぽいアグレッシブなアレンジになってるキャロル・キングのカバー⑦、サザンオールスターズのカバー⑨は絶品、そして⑫のバナネイラ!!これはライブで一度しか聴いたことがないけどジョアン・ドナートの曲。
この元曲聴きたいがためにネットで調べたりして中古屋で『ZANZIBAR』というオムニバス盤を見つけ手に入れました。
ZANZIBAR ZANZIBAR
オムニバス、エデュ・ロボ 他 (1994/09/24)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る

(これにはファースト・オリジナル・ヴァージョンが収められてます。しかもこのアルバムはオレが好きなUnited Future Organizationのラファエル・セバーグがセレクトしてる!)
ライブではかなりノリがよく、松尾さんのカッコイイドラムが印象的でした。
新しいアルバムではどんなアレンジなのか。これもまた楽しみです。
そして⑬は言わずもがな。
うー楽しみだ。たぶんMAYAさんのアルバムの中で1番好きなアルバムになる予感☆


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


060821 MAYA


MAYA Collez(NEW BAND):森リコ(Vin)池田雅明(Tb)寺村容子(P)嶌田憲二(B)松尾明(Ds)MAYA(Vo)岸本ひろし(Arr)


平日だというのにすごい人の数でした。
MAYA選りすぐりの意味のMAYA Collez。

1曲目の「Quen sera」からMAYAさんが歌いました。
「Destination Moon」やサルサのナンバー「Bilongo」などよかったな。

2ndステージ。
「マイアミビーチ」「La La」
メンバーから一言ずつ自己紹介などあって、それぞれの人柄のでたコメントでした。
あとはアレンジャーの岸本氏が考えためいほうジャズフェスティバルのジングルなども披露。
こちらはテレビ放送でも使われるそうです。
スローなブルースナンバー「Blue Monk」でのトロンボーン池田さんのソロ、ヴァイオリン森リコさんのソロ、
ベース島田さんソロ、ドラム松尾社長ソロまわし。
続いて個人的にアレンジがすごい好きなポルトガル語をまじえての「卒業写真」。
キレイなピアノにトロンボーン、ヴァイオリンの音色が素晴らしいこの曲はマヤコレでこその曲だと思います。

3rdステージ。
「Love Potion No.9」やった後は、池田さんアレンジの「Girl Talk」。
アルバムに入っているバージョンよりこっちのが好き。
トロンボーンソロがまさに歌ってた「恋の女のストーリー」
MCはさんでスティービー・ワンダーの「Isn't she lovely」。
この曲はMAYAさんのベスト3に入るぐらい好き。ホーンが入った時しか聴けないので聴けるとすごいうれしいんだな。
池田さん~森リコさん~寺村さん~嶌田さん~松尾社長wのソロあり。
次の曲が意外だった「Aqua De Beber」!!
前にジャケに惹かれ輸入盤で買ったSophie Milmanの1曲目に入ってた曲。この曲好き。
しかもMAYAさんのスキャット♡MAYAさんのスキャット聴きたいといつも思ってたのでまさにツボな曲でした☆

ラストはキャロルキングの「I Feel The Earth Move」
曲が始まってすぐ演奏を止め、イントロの森リコさんのピチカートという弾き方の説明がありました。
この曲もジャズぽくなくて好き。森リコさん~寺島さんソロ素敵☆

10時半ぐらいに終了。
MEGでマヤコレというのは初だったけどまたMEGでやって欲しいな。




11月22日アルバム発売決定!!
今までで一番曲数が多く、ジャンル的にも一番幅広いものになってるそうなのでかなり楽しみ♪

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


19時前にアマンドの前で友人と待ち合わせて初めてスイートベイジルへ行きました。

入り口でチケットを渡して店員さんに席に案内されました。
店員さんにどこの辺の席がいいか聞かれたので迷わず前の方へ
案内してもらいました。
ギネススタウト、イベリコ豚とフォアグラのなんちゃらとトマトとモッツアレラチーズのピッツアなどを注文。
このイベリコ豚とフォアグラのなんちゃら━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━ウマー

■はなわちえ

  はなわちえ(津軽三味線)

19時半をちょっとまわったぐらいに司会の方が登場し、はなわちえさんを紹介しステージに現れました。
1曲目は三味線だけで「じょんがら節」
2曲目からはカルテットでの演奏でした。
個人的にオリジナル曲の「脱兎」、チックコリアの「スペイン」がよかった。

以下セットリスト
1.じょんがら節
2.アジアンブルー
3.テイクファイブ
4.脱兎
5.スペイン


■MAYAコレッツ

 MAYA(マヤ)(ヴォーカル)
 森リコ(vln),池田雅明(tp),
 寺村容子(p),嶌田憲二(b), 松尾明(ds)


20時をまわり、いよいいよ、MAYAコレッツのライブ!
MAYAさんは襟元がちょっと高めでスリットが入った黒いチャイナドレスを着て登場。
1曲目は「Miami Beach Rumba」
2曲目「Feel The Earth Move」
誰もが耳にした事のあるキャロルキングの名曲。
ロックにも聴こえる松尾さんのドラムが気持ちイイ。
体全体を動かしてヴァイオリンを弾く森リコさんのソロ~寺村容子さんのソロがかなり熱くてよかった。
4曲目Thelonius Monkのブルースっぽいナンバー「Blue Monk」ではベース嶌田さんのソロがカッコいい。
MCの後に間髪いれずはじまった5曲目「Love Potion №9」は Love Potion №9~♪のところで観客に向かって銃を撃つ仕草がキュート。

MCではMAYAコレッツのコレッツとはイタリア語の「選りすぐりの」という意味のコレティオーネを省略したものという話や着ているチャイナドレスは上海のチャイナドレス街で生地から選んで作ってもらい、そのスリット部分はドラムの松尾さんのこだわりが反映されているという裏話に会場がウケてましたw

6曲目はMAYAさんが次のアルバムにはぜひ入れたいというラテンの
「Kiss Of Fire」。スペイン語では「エルチョクロ」というらしいです。
8曲目「恋の女のストーリー」はサザンの曲。
日本語の歌を歌うことは少ないMAYAさんだけど、この曲はすごいMAYAさんにあってるなって思う。
ラストの「Amapola」では間奏でMAYAさんからメンバーそれぞれにソロの掛け合い。
最後は観客に「Amapola~Amapola♪」のところを歌わせて盛上りました。



セットリスト
1.Miami Beach Rumba
2.Feel The Earth Move
3.ある恋の物語
4.Blue Monk
5.Love Potion №9
6.Kiss Of Fire
7.Girl Talk
8.恋の女のストーリー
9.Amapola



■アキコ・グレース・トリオ

 アキコ・グレース(ピアノ)
 安カ川大樹(b),小山太郎(ds)


21時20分過ぎたぐらいにアキコグレーストリオが登場。
アキコグレースさんは肩・胸元が大胆に露出した白いセクシィなドレス。
胸の谷間がはっきりわかるその姿を見て違った意味で興奮w

1曲目かなりテンポの早い激しいナンバー。
時折、ベースやドラムの方とアイコンタクトをとり微笑んだりしながらも 激しいプレイを聴かせてくれました。
タイトルの意味は「逆説的な気候」最近の異常な天気を題材にしたということをおっしゃってました。
3曲目なんとU2の曲。 まさかロックであるU2を演奏するとは思わなかった!
ピアノだけの演奏からはじまりメロディがとてもキレイなのが印象的でした。

聴く前の勝手なイメージで静か目な曲を演奏する方なのかなと思ったら
全く逆でテンポの速い曲が多く、かつしっとりと流麗な演奏も聴かせてくれました。


セットリスト
1.Paradoxical Climate
2.All Blues(Miles Davis)
3.Where the street have no name(U2)
4.Imagine(John Lennon )
5.City Time
6.Mediterranean Sundance(Al Di Meola)




本編終了後はジャムセッションというのがあって、アキコグレーストリオにMAYAさん、森リコさん、池田さん。三味線のはなわちえさんというメンバーで曲はHerbie Hancock の「Watermelon Man」
観客は手拍子でリズムをとって、演奏の途中では森リコさん~はなわちえさん~池田さん~アキコさん~ベースの安カ川さん~ドラム小山さんとメンバー全員がソロをまわしたこの曲ヨカッタ☆
最後はメンバーが前にならんであいさつをして終了しました。


マヤコレもアキコグレーストリオも素晴らしいパフォーマンスでかなり大満足(´∀`)
特に初めてアキコグレーストリオの演奏を生で聴けたのがよかった♪

最近アルバムも発売したみたいなので今度チェックしてみよ♪
ライブも8/4に下記のような二部構成のイベントがあるようで、
夜は須永氏のDJも聴けるみたいだから行ってみようかな。

 ■@渋谷 JZ Brat
  "夜ジャズ~Jazz Allnighters~"
  18:00~5:00(オールナイト・2部構成・I部からII部へ通し可)
  DJ:須永辰緒/敷島/西山隆/PAO
  LIVE:Akiko Grace Trio , Immigrant's Bossa Band



ジャムセッション終了後♪


テーマ:。+゚(´∀`)゚+。 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ☆ Krtek viewfinder ☆, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。