ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


’06キャンドル


写真:FIELD OF HEAVENのキャンドル☆キレイでしょ


最終日の模様のまとめをUPするの忘れてた(^ω^;)
(mixiで書いたの)


3日目快晴!!

4時すぎまで、マーキーやオアシスにいたため思いっきり寝坊。

11:30開始のEnvyはどうしても観たいと思ってたのでキャンプサイトからほとんどホワイトステージに走って行った。

途中ホワイト行く道で音が聞こえてきた。
着いたらあまりにも興奮して叫びながら前へ行った。

新しいアルバム『Insomniac doze』が好きで、
聴きたかった「Further ahead of warp」も聴けた。

圧巻は最後の曲。
終わりにギターを振り回し、投げ、シンバルをなげたり、アンプのボリュームをあげギターのエフェクターいじって轟音を鳴り響かせた。
最後の1人のメンバーがステージを去る時に音を止める。
轟音のあとの静寂。

ホントヤバかった。
演奏終了後前の方では歓声が起こっていた。

Envy凄かった!


Envyを初めて観たのは何年か前のMOGWAI単独のSHIBUYA-AXのオープニングアクトとしてだったが、その時MOGWAIチックなサウンドにハードコアヴォイスをのせるというかなり異質な印象だったが、結局気になりすぐにCDを買いに走った。

その後はしばらく聴いてなかったんだけど、ここ最近ディスクユニオンの店内で流れてるのを聴いてカッコよくてCDを買った。

単独のライブも観てみたいな。



ISIS
場所はEnvyの時と同じような場所で観た。しかし音が小さく感じる。
それほどEnvyの音がでかかったのか、印象が強かったのか分からないけど。
最後のドラムからはじまり、徐々に盛上る曲がよかった。



rinocerose
前に試聴して気に入ったので輸入盤で買ったら結構人気あるんでびっくりした。
メンバー自体はギター&ベースの2人組みなんだけど、
ライブではサポートヴォーカリストが入っての演奏。
特にアフロのカレ(声がかなり独特)がなんかイイ感じでした。
そういやベースの女性はサングラスをかけててほとんど前には出てこなかったな。



BROKEN SOCIAL SCENE
前に日記でも紹介したReverie Sound Revueというバンドで歌ってたLisa Lobsingerが参加しているということで新作『BROKEN SOCIAL SCENE』をチェックしたら彼女(Lisa)入ってねーじゃんと思ったらライブには参加してた!

はじめの2曲ぐらいがかなりまったりな感じだった。
俺が持ってる赤い2枚組のセルフタイトルのアルバムの曲もあってかなり楽しかった♪
曲によってはツインドラムで演奏。
最後の曲がすごく盛り上がった!

終わってメンバーもステージ去ってスタッフが片付けの準備はじめてるなぁと思ったら、メンバーが戻ってきてもう1曲演奏した!!
すぐに移動しないでその場いてよかった。
うれしいサプライズでかなりよかった☆


セットリストは以下の通り(公式HPより)

1. Late Night Bedroom Rock For The Missionaries
2. Shampoo Suicide
3. 7/4(Shoreline)
4. Cause=Time
5. Fire Eye'd Boy
6. Stars & Sons
7. Superconnected
8. Ibi(dreams of pavement)
9. KC Accidental
10. Where's Your Heart? (アンコール)



続いてフィッシュマンズを観るためヘブンへ移動。
かなり混みこみだが、幸い入場規制はかかってなかった。
一番後ろで観たけどほとんど見えなかった。
たぶんUAの途中ぐらいからだったと思う。
最後は出演者が全員出てきてあいさつ。
そしたらクラムボンの原田郁子ちゃんだよ、オイ!
あー観たかった・・・残念(TДT)


その後はオレンジコートへ行ってライブ聴きながらご飯食った。
アンコールとかもしててかなり盛り上がってたね。


ゆらゆら帝国を横目に見つつBuffalo Daughter目当てでホワイトへ移動。
予定時刻を押していつの間にかメンバーステージに上がってて演奏がスタート。

「Cyclic」目当てといってもいいぐらいこの曲が好き。
しかーし・・・いまいちできがよくない(・ω・;)
ドラムがキレがないっちゅうかちょっとガッカリな感じでした。
前にマーキーで観た時はカナーリよかったんだけどな。

●セットリスト(FUJI ROCKコミュより)

Mutating
Autobacs
Beautiful You
Cyclic
303 Live



Sun Paulo
このバンドも今回の目当てのバンドの1つ。
名前は知ってたけど、なかなかタイミングがあわなくてまだ観たことがなかった。
フジロック直前まで『After The Eclipse』はしばらく通勤時のヘヴィーローテーションだった。
ギター、ドラム、キーボードでダンスミュージックって最高。
後ろとか隣とか踊りまくりでかなり楽しかった。
アヴァロンはちょっと傾斜なってるから踊りづらいんだけど、
今度はオレンジかヘブンあたりで希望。
実際かなりの人と盛り上がりだったし。
CD販売もやたら人集まってたし。
『LIVE WISDOM』はいつになったら店頭で買えるんだぁー。
早く欲しい(≧∇≦)ノ



MOGWAI
今回のFUJI ROCKの一番の目当て。

MOGWAIを初めて観たのは03年のFUJI ROCKホワイトのトリ。
その当時はCDは聴いていたがものすごい好きというわけではなかった。
しかし、ライブを観てMOGWAIというバンドに
ラストの曲でのギター音の塊、ホワイトノイズというのか轟音を聴いた時には自分では気づかないうちに自然と目に涙がたまっていた。
ライブが終わって、明かりがついて他の客が移動を始めている時にもしばらくその場を離れることができなかった。

ライブを観てそこまで感動したのは後にも先にもこの時だけだ。
それだけに強烈な印象として今でも心に残っているライブだ。

その後も単独の来日公演に行ったり再びFUJI ROCKのホワイトステージでも観たりした。
いずれもその時程の感動は得られていないがMOGWAIが特別なバンドであることには違いない。

そうして待ち望んだライブ。
なのに、あまりにも心地よい音に何度となく眠りに誘われそうになった。
(ちなみに去年のSigur Rosの時もそうだった・・・)
勿論MOGWAIらしい音も聴けたし、アンコールもやってくれた。
個人的には「Mogwai Fear Satan」が聴けなかったのが残念。

セットリスト(MOGWAIコミュより頂きました)

01. Yes! I Am A Long Way From Home
02. Friend of the Night
03. Travel is Dangerous
04. Summe
05. Ithica 27-9
06. I Know You Are But What Am I ?
07. Acid Food
08. Killing All The Flies
09. Glasgow Mega-Snake
10. Ratts Of The Capital / We're No Here

Encore.
Dial: Revenge(Guest SFA/Gruff)
Hunted By A Freak
Helicon 1



その後はオアシスへ行き、食べたり飲んだりした後はパープルヘイズでRYUKYUDISKOの1人目のDJを聴く。
でもなんだか自分には合わない感じなので途中でいったん退出。
その後また戻り2人目RYUKYUDISKOw
こちらの彼のほうがイイ感じで踊れました。
確か二人ともMONDO GROSSOバージョンの「FIGHT FOR YOUR RIGHT」をかけてた気がします。


3時15分からはなんとリクルマイがパープルヘイズでDJをするってんですごい観たかったんだけど、METALCHICKSがライブをするので今度はマーキーへ移動。

そしたらMETALCHICKSはホントにヤバかった
ギターはモロにメタルな感じで、それにドラム、打ち込みが入る感じ。
かなり踊ってマジ楽しかった。
MCでは数日前に出演が決まったという裏話があったけど、
良くぞ出てくれたって感じでした。


終わった後は急いでパープルヘイズへ。
そしたらまだリクルマイがDJをやってた!
サングラスをかけて、レコードをまわしつつマイクを使って歌ってかなりよかった!!
ヘブンでのライブが観れなくて、まさか歌声を聴けるとは思わなくてうれしかった。
結構DJ姿もよかったです。


その後は岩盤のSerino氏がDJをして盛り上げる曲をこれでもかとかけててなかなか楽しめた。
そしてDJ終了の5時過ぎにオアシスを後にしました。




昼ぐらいまで寝ようかなと思ったけど興奮してか眠れなかったので、15分ぐらい歩いて本陣という温泉に入りに行った。
露天になってて、タオルは貸し出し付でした。
時間のせいもあるのか人も少なくゆっくり疲れをとりました。

あ、それから帰りがけに体重計があったので計ってみた。
痩せたとかやつれたとか言われるからさぞかし減ってるかと思いきや61.8k。
普通じゃん。全然変わってない。
去年買った時計のバンドがあわなくなってるし、俺もてっきり50k代突入かと思ってたのに。
なんでじゃ腕細くなったり、痩せたとか言われるんだろうな。
これかなり謎(・ω・;)




無駄に長くてすみません。。。(- .-)ヾ


まぁここまでみた人はいないと思いますけどw


FUJI ROCKへ行った方お疲れさまでした!
俺はまた来年も行きますよ!
誰が出るとか決まらなくてもね(^ω^)

今年はメンツ的に期待度薄かったわりにはあっという間で、
もっと長く続けばいいのにと思った。
あと、知らないうちに体力がついててビックリ。
例年だったら最終日以外は1時2時にはキャンプ戻ったり、足もかなり大変なことになってるんだけど、
今年はそんなこともなくほぼ連日終わり近くまで楽しめた。



来年は誰が出るのかなぁ。
今から来年のフジが楽しみだねーヾ(´∀`*)/



スポンサーサイト

benevento


写真:THE BENEVENTO/RUSSO DUOかなりいい雰囲気でした☆


フジロック2日目書いてなかったので簡単ではありますが書いてみます
(ちょっとながいです)。

前日のオールナイトフジが結構予定よりも遅くまで楽しんだのであまり寝れてませんでした。

起きてテントからでたらちょうど妹と妹の友達が目の前の道を通ってて一緒に話しながらゲートで写真を撮ったりしながら会場へ向かいました。

とりあえずOASIS着いたらハイネケンでビール買って乾杯♪

その後、俺はWOLFMOTHERが観たかったのでグリーンへ。
そしたら最後の曲でした・・・orz


お目当てのモーサムまでちょっと時間があったのでマーキーへFIELDSを観にいった。
なかなかよかったです。


モーサム・トーンベンダーはモッシュピットの後ろのフェンス辺りで観ました。
MCのなかでバンドを辞めようと思ってた百々さんが勇さんと
フジロックの一回目を観に行ってバンドを続けようと思って、
フジロックに感謝してるという話を聞いてなんだかウルっときました。
モーサムのきっかけをつくったフジロックに感謝。やっぱいいバンドだよ。
ちなみに演奏曲は「ロッキンルーラ」「Have you ever seen the stars ?」「未来は今」など。
ラストは「GREEN&GOLD」。
イントロ聴いただけでかなり目頭熱くなりました。


その後はアヴァロンで三代目魚武濱田成夫(以下略して濱成w)
を観ました。
学生の頃たまたま詩集を手にして読んだらかなりのインパクトでした。
(たぶんBOOK OFFとかだったら100円ぐらいで買えるかも、でも読むなら若いうちがオススメ。女の子向けではないな)
今回は独自の視点と彼の言葉でつづられる詩というか文をポエトリーリーディングという形式でのパフォーマンス。
俺はあらかじめ右側の傾斜のところで座ってみたんだけど、正面に座ってた人達はもっとつめるようにと移動させられてたりそれぐらいかなり混んでました。
たぶん観に来た人達のたぶん変わった(かなり自分好きな)人がなんかやるから見てやろ的な感じだったと思います。
(実際近くでそう話してたのも聞いた)
冒頭で濱成が「楽器はなくてもロックするぜ」とは言ってましたが宣言どおりロックだった!
といってもシリアスではなく、笑いをとりつつ自分が書いた詩集のなかから思いつきで選んでは関西弁と独特の間で読み上げ、その詩集を会場に投げるという
パフォーマンスの仕方でしたが、これが徐々に会場が盛り上がり、笑い、拍手が起こり、会場から声が上がったりすごく盛り上がった!
普段絶対観ることないパフォーマンスだったし、かなりよかった。
彼のメッセージは夢はあきらめるなってことと人からなんて言われても動じない自分を持てってことだろうな。
なんか知らないうちに俺熱く語って長くなってますね(・ω・;)
なんか久々に詩集を読み返したくなった。


お次はTHE BENEVENTO/RUSSO DUO
これもかなり期待してたバンド。
ライブは期待通り最高。
雨がぱらついてましたがいい感じで踊ってました♪


その後はSONIC YOUTH
これも観たかったバンドだったけど、かなり眠くなっていたので中腹で座って軽く寝ながら聴いてました。


SONIC YOUTHが終わったらすぐに電気グルーヴのため前のほうへ移動。
かなりの人でモッシュピットはなかなかはいれなそうでした。

電気グルーヴ
ステージセットは高い矢倉というか去年のファットボーイのようなセット。
パンフにあったようにKAGAMIがサポートに入ってて向かって左側に位置してた。
その上で卓球といろいろ器材をいじってました。
瀧が普通のカッコで登場して肩透かしくらう。
てっきりキグルミで登場するとばかり思ってた。
「volcanic drumbeats」はアルバムのほうが断然にかっこいいのにライブバージョンはあまり好きくない。
「富士山」では瀧が富士山のキグルミきて再登場。
歌詞の「ふじさーん、ふじさーん」のところが「ふじろっーく、ふじろっーく」に変えてみんなで大合唱!
ラストは虹。
なんべん聴いてもいい曲だわ。
そんな感じで1時間弱で終了。

●セットリスト(コミュより)
N.O.
shangri-la
volcanic drumbeats
新幹線
かっこいいジャンパー
スマイレススマイル
あすなろサンシャイン
レアクティオーン
富士山



RED HOT CHILLI PEPPERS
混み過ぎで全く身動きがとれない。
曲始まった。はじめっから大合唱。
こんなみんなで歌うようなバンドだったっけ?
結構前のほうに居ただけあってかなりアツイファンの人たちが多かった。
「Dani California」のジョンのギターソロキター(゜∀゜)(∀゜)(゜ )( )( ゜)( ゜∀)(゜∀゜)━━━━━!!
あのギターの音がかなり好き。 アルバムと同じ感じで満足。
あと印象に残っているのは途中でジョン一人でのファルセットボイスの見せ場があったりとか。
DVDの『LIVE AT SLANE CASTLE』でも観られたようなジョンの歌声素晴らしい☆
ラストはアンソニーとチャドがステージ去った後もフリーとジョンのジャムタイムになってそのまま終了。
そしてフリーがなぜか逆立ちしながら去ってきましたw
フリーはホント変わってるよなぁ。観ててホントおもしろいw


●セットリスト(コミュより)
Can't stop
Dani California
Scar Tissue
Charlie
Fortune Faded
Readymade
Throw away your television
snow((hey,oh))
Me&My friends
wet sand
right on time
How Deep Is Your Love(Bee Gees by John)
Don't Forget Me
Tell me baby
Californication
By The Way

(アンコール)
Give It Away


終わったのが23時をだいぶ回ってて、マーキーに行こうにもあまりにも混みすぎで全然先にすすめなかった。
結局着いたのが0時過ぎでRYUKYUDISKO聴けず(T▽T)


1時からはDJ HYPER
RAGE AGAINST THE MACHINEをかけた時はかなり盛り上がった。
そしてラストはPRODIGYの「Voodoo People 」(Pendulum Mixで!!)
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
かなりやばかったな、あの選曲は。
そんなには期待してなかったけどめちゃ楽しかった。

続いてJUNKIE XL
スゲー人。かなり人気あるんだなぁ。
実際かなりよかった。セットの上にたったり、客に歓声を求めたり。
これもさらに盛りあがった。この夜のマーキーのピークだったと思われる。

2MANYDJS
これ結構期待してたんだけど・・・
何曲か聴いたけど、前のDJ HYPER、JUNKIE XLには及ばず。途中で退出。

しかしのこの退出が思わぬ出会いを!
帰りがてらに岩盤ショップの隣のパープルヘイズってDJブースによったら
TASAKAが回しててしかも瀧がいる!!

TASAKAのレコードさばきかっこええ。
KEN ISHIIもそうだけど、まわしてる姿がサマになってるのカッコイイな。
おなじみの和田アキ子「夏の夜のサンバ」とかかけてたと思います。
その後はDR.Shingoも登場!
ドラゴンドラで上で観ることができなかったからフジロックで観れてよかった。
そんな感じで4時過ぎまでOASISで楽しんで終了(´∀`)






natsumen


写真:NATSUMENとシャボン玉☆


前に日記でも書いたので簡潔に(メモ書き)。

遅くに起きてSAKE ROCKを途中から鑑賞。はじめて見ましたが、
思ったより楽しめました。
ボーカルの彼が藤井隆ぽかったw

その後はそのままザ・クロマニヨンズを待つ。
登場前はマーシーとヒロトを待ちわびたファンからの歓声が上がってなんか凄かった。
最後ヒロトがパンツおろしてたw

その後はNATSUMEN
これはかなり観たかったバンドのひとつ。
最後の曲が一番盛り上がったな。
ROVOとかが好きならハマるバンドだと思う。

その後加藤登紀子を軽く見つつ、妹を迎えにキャンプサイトへ。
だいぶ場所がなくなってしまっていたけど、隙間を見つけ一緒にテントをたてた。
うーん兄弟愛w

トミー・ゲレロ、OOIOOは観たかったけど結局観れず残念。

再び会場へ戻り、矢野顕子さんを観にオレンジコートへ。
かなりの人の数。
後ろでのんびりと観るつもりだったけど、ピアノの弾き語りということもあってか音が非常に聴きとりづらくて前のほうへ移動した。
ちゃんと聴くのは初めてだったけど、印象が残ったのがくるりのカバー
「ばらの花」。
独特の間(ま)で演奏されるこの曲は矢野さんが歌うと驚くほど詩の内容が頭にはいってきた。
普段詩とかを意識することは全くないのに。
やっぱり矢野さんはスゲーと思った。

そしてステージの個人的目玉、マルコス・スザーノ+沼澤尚+内田直之with勝井祐ニ
やっぱ期待しただけあってかなりよかった!


フランツをグリーンでちょっと観てから、オールナイトフジのためオレンジへ。

SUGIURUMN
意外にもくるりかけたり楽しかった♪

DISCO TWINS
はじめCMでおなじみの冨士サファリパークネタで盛り上げる。
やっぱTASAKAスゲ-(゜∀゜)

COBURNもなかなかよかった。
途中で4時ぐらいにその場を離れ、28日の日程終了。

この日はやっぱり、NATSUMEN、矢野顕子、マルコス・スザーノ+沼澤尚+内田直之with勝井祐ニが
個人的にかなり楽しめました(´∀`)


20060731055351
リクルマイがDJした!

自分の曲もかけてマイクつかって歌った!

ヘブンでのライブが観れなかったから、近くで歌まで聴けてよかった!

マイマイ(勝手に命名w)結構DJイケます!


20060731054446
メタルチックスまじヤバかったー!!

パワフルなドラムとソリッドでメタルチックなギターでがっつり踊ったー♪

今回のフジロックで1番の掘り出しもの的バンドかも。

CD出てるみたいだからコレ買う!


20060730221001
ギター、ドラム、キーボードでやるトランスバンド。
ずっと気になってて前から観たかった。

やっぱサンパウロいいっ☆

ライブアルバムを出したらしいから今度チェックしてみよ♪


20060730182505
はじめの2曲ぐらいがかなりまったりな感じだった。
俺が持ってる赤い2枚組のアルバムの曲もあってかなり楽しかった♪

そして最後の曲すごく盛り上がった!

でメンバーもステージ去って片付けの準備はじめて終わりかと思ったら、もう1曲やった!

うれしいサプライズで得した気分☆



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ☆ Krtek viewfinder ☆, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。