ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





途中だったの。もはや順番があべべ。


愛奈DVDイベ後に行ってきました↓

BOOM BOOM SATELLITES JAPAN TOUR 2010 2nd STAGE -Final-

ブンブンTシャツ(UMBRA頃の)恐竜骨の蛍光Tシャツ。

Aブロック(中野さんサイド)でイン。
なぜかブロック入るまでに何度もチケをチェックされる厳重さw

19時10分頃スタート。

先に
セットリスト

M1 Back on my feet
M2 Morning after
M3 Morment I count
M4 Drain
M5 Undertaker
M6 To the loveless
M7 Stay
M8 Fogbound
M9 Rise&fall
M10 Easy action
M11 Kick it out

en1
Lock me out
Dive for you
Dig the new breed

en2
Dress like an angel


トータル2時間ぐらい。
整理番号が1000番台で入ったけど真ん中ぐらいまで行く。(割とスペース有り)


まさかの花道が作られたステージに川島さん中野さんが軽やかに走って来ると、
近くの女子が
オンナ<アイドルかよっ!
のつぶやきに噴いたw

でも気持ちは同じw
びっくりした。

二人はその花道で並んでギターとベースを弾いたり。


あとは途中、STAYでスケスケのスクリーンが落ちてきてそこに映し出される映像がなかなかよかった。
ちょっと鳥肌たった。


それからなんとステージが花道のほうにそのまま移動してくるというブンブンにあるまじき展開ww

でもちょうど真横にステージが来て見やすくなってよかったw

だがしかし機材のせいでまったくもって川島さんが見えなくなるww

やむなしw


もともとライブはいつも中野さんサイドで見てるし。

ライブ中は中野さんが煽ったり、レスを貰ったり(脳内)、なかなか楽しかった。


個人的にはFogboundこそがブンブンの真骨頂だと思ってるし、Easy action や Kick it outは盛り上がってモッシュに参加したり楽しめた。

それから今回は川島さんが何度もありがとうと、マイクを通さず肉声ではっきり聞こえる声で何度も声にだして頭を下げる姿も印象的だった。


実はライブのちょっと前にスレが存在してることも知り覗いてみたんだが、ライブ後は、ドラムのYokoさんバッシング。

確かにだ。
僕が彼女のドラムを初めて聴いたのはメタモだったかサマソニだったか、ものすごくガッカリした。
前任のサポートドラマー平井氏が素晴らし過ぎたせいもあって明らかにパワーダウンだった。

でも今年のフジロックのグリーンで見た時は前ほどの違和感は感じなかった。
見慣れたというほど何度も見たわけではないし、ドラム以外の音の部分のせいかもしれないけど。


まぁそんなでスレでは否ばっかだったような気がするが、中野さんはこれまでの平井さんのドラムにはなかった部分を彼女に求めているわけだし、彼女のドラムについて”天才的”とまでいうんだから、しっかりとした理由があるんだと思う。

現在テクノから完全にロックへとシフトしてしまったブンブンだが、それも彼女をドラムにした理由の一つなんだろう。

まぁ批判的な意見も気持ちも自分が感じたことがあるだけにわからないわけではないけれど、あんまりドラムにこだわってたら本質見失っちまうぜ、と言いたい。


以上、1stの頃からライブとアルバム聴いてる僕のひとりごとぅーでした。


あ、そういえば、ブンブンサテライツって僕は”ブンブン”って言うんだけど、うちの職場にいる20前半女子は”ブンサテ”っていいますの。

It's、ジェネレーションギャップ\(^o^)/←
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ☆ Krtek viewfinder ☆, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。